• ホーム
  • アーユルヴェーダのマッサージオイルは?ごま油の活用でセルフマッサージをしよう

アーユルヴェーダのマッサージオイルは?ごま油の活用でセルフマッサージをしよう

顔を洗う女性

アーユルヴェーダで使用するマッサージオイルは数種類のハーブとごま油を混合したものが多く、最初はどれが自分に合っているのか判断が難しいですし、価格が少し高いので購入を躊躇している人は少なくないでしょう。何を選べばよいのか迷っている人、なるべく価格の安いオイルを探している人などは、食用オイルとして有名なごま油の活用がおすすめで、人間の身体にとって安全性と機能性が高くて理想的なオイルだと言われています。

本格的なアーユルヴェーダマッサージを受けるためにはサロンを利用するのが得策ですが、手軽に実践するならごま油を使用したセルフマッサージが役立ち、皮膚との相性が非常によくて温感作用があるのもメリットです。実際にごま油を使用してマッサージをしていくと身体が温かくなってきて、リンパの巡りが活性化してむくみが軽減して身体が細くなったと実感する人もいますので、気になる部分をすっきりさせるためにも最適でしょう。

セルフマッサージが最も適した部位は頭皮であり、自分自身で無理なくマッサージできることも関係しますが、ごま油が頭皮と非常に相性がよくて抜け毛や薄毛を予防するために役立つため、定期的な頭皮ケアとして実践したいです。頭皮は意識して動かすことがほとんどない部位のため硬くなりやすく、この状態は血液の循環がよいとは言えませんし、毛母細胞を元気にするうえで障害になりますので、セルフマッサージでほぐしていく必要があります。

頭皮が硬くなってくると寝不足を招いたりストレスを溜め込んだりしますので、心身を元気にするためにもアーユルヴェーダのセルフマッサージを実践して自律神経をベストに調整し、健康で前向きな生活を実現させましょう。最近は薄毛に悩む男女が増えてきていますが、これにはストレス過多の生活習慣が大きく関係していますので、ごま油で頭皮マッサージをして血行を促進させつつ、毛髪を元気にしてコシとハリのある美髪に変えてください。

アーユルヴェーダのマッサージオイルは栄養補給をコンセプトにしていますので、肌の不調が気になり始めた人やアンチエイジングで積極的に若返りしたい人に適しており、30代くらいからマッサージを活用する人が増えてきています。マッサージで全身をほぐしていけば血行がよくなるので肌も元気になり、代謝も促進して脂肪太りやむくみの発生しにくい体質に変えてくれますので、体型の崩れが気になってきた人も実践してスリムな体型に戻しましょう。