• ホーム
  • アーユルヴェーダオイルはアロマオイルと違い香りではなく栄養を肌に届ける

アーユルヴェーダオイルはアロマオイルと違い香りではなく栄養を肌に届ける

顔にクリームを塗っている女性

アーユルヴェーダで使用するオイルはアロマオイルだと思うかもしれませんが、香りを楽しむのが最大の目的であるアロマオイルとは違い、肌に栄養を届けるための薬草オイルが使用されており、これにはハーブとごま油が含まれています。香りよりも成分を肌に浸透させてアンチエイジングに導くのが役割であり、ハーブ由来の栄養素を肌に与えて元気にしたり血液の巡りを活発にしたりする作用が期待できるので、身体のデトックスをしたいときに適しています。

アーユルヴェーダオイルを使用したマッサージを受けると身体が温まっていき冷えが抜けていくのが実感できますし、皮脂を除去したり古い角質をなめらかにしたりするなど、美容を促進して本来のハリツヤのある状態に変えてくれるはずです。大量のオイルを使用したマッサージは非常に気持ちよく、凝り固まった筋肉をほぐして調和することで慢性的な痛み・だるさをケアできるだけでなく、筋肉に溜まっている疲労やストレスも同時に解消するメリットがあります。

私たちは日々の食生活から栄養を補給していますが、その栄養のすべてが肌に届くわけではなく、特に血液の巡りがドロドロして悪くなっていると、細胞に十分な栄養が届かないので肌の健康を維持するのが難しくなります。そこで役立つのがアーユルヴェーダオイルを使用したマッサージで、栄養を肌に直接届けられるので素早く元気になり、また筋肉が柔軟になれば代謝が向上していくので、その部位に脂肪が付着しにくい強みもあるのです。

アーユルヴェーダオイルは浸透性に優れているので、肌の健康維持やアンチエイジングに最適であり、マッサージをしながら浸透力を高めることで筋肉や血行のケアができますし、マッサージ自体のリラクゼーションも期待できます。実際にマッサージを受けた人はオイルの成分が肌に擦り込まれている感じがする、施術後は肌がポカポカと温かくなったなどと答えており、温活という意味でもメリットがあるので慢性的な冷え性体質の人に最適でしょう。

一般的なマッサージとの違いはオイルが主役であることで、あくまで手技が主役である普通のマッサージに対して、アーユルヴェーダはいかにオイルを効率よく塗り込んでいき、肌の健康と美容を実感させるかが鍵になります。アーユルヴェーダオイルの目的を見ても、香りよりも実感を重視していますので、肌の変化を感じられる本格的なマッサージを受けてみたい、デトックスをして身体をすっきりさせたい、などの目的がある人におすすめです。