• ホーム
  • 漢方薬で乾燥肌を改善したいなら当帰飲子(トウキインシ)を服用してみよう

漢方薬で乾燥肌を改善したいなら当帰飲子(トウキインシ)を服用してみよう

乾燥肌に悩んでいる人は医薬品のほか漢方薬を使用して改善する方法もありますので、つらい乾燥肌に悩んでいる人や湿疹・皮膚炎を発症している人は、症状が進行する前に対策してスベスベの正常肌の状態を取り戻してください。肌のかゆみは乾燥から発生することが多く、乾燥が進行してくると無意識のうちに掻いて症状を悪化させたり、出血を招いたりするケースがあるので十分に注意し、漢方の当帰飲子を使用しながら保湿ケアも並行しましょう。

当帰飲子は体力が低い人や冷え体質の人に適しており、気と血・水のバランスを調整して湿疹を伴ったかゆみにも効果を発揮し、乾燥肌の原因に対して身体の内側からアプローチして健康な肌に変えていく作用があります。血の巡りが悪くなっていると全身の冷えにつながりますし、冷えは肌の代謝機能やターンオーバーに影響しますので、特に乾燥肌やかゆみを感じやすい人は、血の巡りを活性化させて肌の保湿を強化する対策がおすすめです。

漢方は急激に作用しないので即効性の面で見ると西洋医薬品に負けますが、緩やかに作用するので身体に優しく副作用が起こりにくいメリットもありますので、じっくりと時間をかけて乾燥肌を正常肌に変えていきたい人に適しています。当帰飲子を服用すれば肌に栄養を与えつつ弾力性のある肌質に変えられますので、慢性的な乾燥に悩んでいる人、分泌物の少ない皮膚炎に悩んでいる人などにも最適で、肌を体質レベルで変えられるので根本から解決できます。

乾燥肌の状態や体質などにより実感までの期間は異なりますが、正しい方法で服用すれば1ヶ月程度の使用で変化を実感できるはずですから、焦らず気長に服用して栄養と弾力性・保湿力に富んだ肌質に変えていきましょう。肌質は体質に影響される部分が非常に大きいので、適切な対策と生活習慣の改善を実践して体質改善をすれば、次第に肌状態が安定して弾力性が形成されてきますし、乾燥や紫外線のダメージに負けない保湿力を発揮してくれるはずです。

肌が乾燥した状態は抵抗力が弱くなっていますので、この状態で紫外線を浴びてしまうとメラニン色素が大量に生成されて黒ずみ・シミを発生させやすいですし、さらなる乾燥を招くこともあるので早めに改善させてハリのある肌に導いていきましょう。当帰飲子は漢方のため経口摂取するだけで身体の内側から肌を健康にする作用があり、1日3回を食前または食間に服用することで乾燥肌や乾燥に由来する敏感肌などを緩和しますので、肌が敏感でスキンケアや塗り薬などを使用できない人は試してみてください。